保健所犬猫応援団は、日本から無情な殺処分を無くす為に、応援と言う絆の力で、小さな命を繋ぎ、一匹でも多くの犬猫が幸せに巡り逢う事を願う活動です。

それは、保健所からの選択肢を当たり前にすること、他のペットショップやブリーダーさん、一般の愛護団体さんからの選択を否定するものではありません。特に犬種や猫種にこだわりがある方は、保健所からの選択は難しいと思いますが、こだわりが無ければ、それは命を繋ぐ最高の選択になります。新たに犬猫を家族に迎える方のたった10人に1人の選択、身近な方にその保健所からの選択を伝える応援が、数々の問題をクリアにし、無情な殺処分を無くすことが出来ます。一人でも多くの方がその伝える応援で繋がり、大切な明日を変える事を心より願っております。

​~大切な命を繋ぐ、告知啓蒙の活動が何より大切です~

地球は人間の為にある…のでしょうか?

近年、活発になっている様に思われる動物愛護、もちろん、直接携わる愛護団体さん、ボランティアさんは一つ一つの命の為に日々、尊いご活動をされています。しかし、社会全体を考えると、実はその愛護の後退すら感じ取れる現状に至っています。現状の動物愛護は人間社会のスタンスでの愛護であり、命を繋ぐことよりも命の管理に主眼がおかれた動物愛護、つまり蛇口を締めるという比喩の元に残念ですが、日本では行われています。

犬の譲渡数は平成23年を頂点に減少が続き、平成30年その数は▲6,000匹、20%以上の減少に及んでいます。それは犬の譲渡可能な個体数を超える数字であり、少なくても、行政区分で言う犬猫の殺処分はゼロになっている事になります。つまり、保健所、愛護センターからの選択肢が、減少することなく維持していれば、すでに殺処分ゼロは実現可能なミッションでした。そして、猫に関しては飼育環境の改善が図られ、譲渡数の増加もみられていましたが、平成29年からは減少傾向がみられます。犬猫が人の社会に共存する以上、孤児の発生は必ずと言えるほど無くなることはありません。その大切な命を繋ぐ鍵は譲渡数であり、保健所からの選択肢を広め当り前にすることが、私たち誰もが出来る事であり、私たちの行動にかかっています。

犬猫と共存する社会に私たちが変えなくてはならないのです。

環境省発表の犬猫譲渡数推移のグラフ化


1,000匹の絆プロジェクト

犬猫共生施設の実現への道 

私たちは共生施設を開設し、犬猫との共存を目指します。

お知らせ

朝日新聞社A-portクラウドファンディングは2021年10月21日、無事終了致しました。あたたかいご支援、応援ありがとうございました。心より感謝申し上げます。次回も引き続きご支援、応援を、どうぞよろしくお願い致します。


保健所犬猫応援団

デュホームアンドガーデン非営利型株式会社 代表 君島 健

〒963-0702 福島県郡山市緑ヶ丘東6-23-1 TEL024-905-4385

E-mail info-j@inunekoouenndann.com


” 一匹でも多くの犬猫が幸せに巡り逢えますように!! ”